イシュタル 46歳 冬
己の肉体と武術に限界を感じ悩みに悩み抜いた結果
彼がたどり着いた結果(さき)は
感謝であった
自分自身を育ててくれた弓道への限りなく大きな恩
自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが
1日1000匹 感謝のArctodus狩り!!
気を整え 拝み 祈り 構えて 狩る
1連の動作を1回こなすのに当初は5~6秒
1000匹狩り終えるまでに初日は18時間以上を費やした
狩り終えれば倒れる様に寝る
起きてはまた狩るを繰り返す日々

2年が過ぎた頃 異変に気付く
1000匹狩り終えても 日が暮れていない
齢50を越えて 完全に羽化する
感謝のArctodus狩り 1時間を切る!!
かわりに 祈る時間が増えた

山を下りた時 イシュタルの弓は
音を置き去りにした

弟子A(気の…せいだよな)
弟子B(一瞬…消えて)
弟子C(音が後から…) 「館長……?」
館長「か…観音様が………!!」
イシュタル「さて…看板かけて闘るかい?」
館長(看板は差し上げまする) 「是非私めを弟子にしていただきたい……!!」

BOTが誕生した

イシュタル「いいよ飯おごってくれたらな」

60年以上昔のことである

とまぁどうだっていいんですけど最近Vial of Powerful Bloodが結構必要なんですよ
でもトレポで買うと結構高い ていうか高いです
実際にどれくらい狩ったかは不明ですが血が出るMobを狩ってみようと思い
時間的には50分程狩ってみました

一緒にやってみますか!と言ったメディカル忍者さんはジョーマグが出た瞬間
キャッキャウフフして終った瞬間に僕を置いてけぼりにして落ちました
あの人のBLOGタイトルは即効変えたほうがいいと思います

その後も一人で頑張り・・・

Vial-of-Powerful-Blood-1hou

頑張った結果がこれだよ!

ちなみにマジックファインド装備でもなく私自身の運という
ナチュラルネガティブ補正がかかってるかもしれないので
もう一度くらいとんでもなく暇な時にやってみようかと思います

広告